府中・白糸台掩体壕 戦争遺産に見学者続々 1日だけ公開

戦闘機を隠した掩体壕の外観 戦闘機がぎりぎり収まった天井。触ることもできる 東京・府中市にある戦争遺跡、旧陸軍調布飛行場白糸台掩体壕(えんたいごう)の内部が11月3日、特別公開され、市内外から大勢の見学者が訪れた。 掩体壕は太平洋戦争の末期、戦…

仏が無数に増殖する壮大な奇跡 華厳経

武蔵野大学仏教文化研究所主催の連続公開講座「大乗経典の魅力を語る」の5回目が11月2日、同大武蔵野キャンパス(西東京市)で開かれ、国際仏教学大学院大学国際仏教学研究所副所長の堀信一郎氏=写真=が「『華厳経』はどのような作品か」と題して話した…

<農業講座日記>カリフラワーとブロッコリー 雨中の収穫

雨がっぱを着てカリフラワーの収穫作業 腸内フローラの大切さを話す小松光一さん 講座18回目の10月29日は谷戸公民館で講義を聴いた後、畑に移ってブロッコリーとカリフラワーを収穫した。 年間計画通り、この日は午前10時から久々の講義。大地を守る会顧問の…

水辺を満喫 江戸川区・公園や緑道めぐる

なぎさ公園「展望の丘」から旧江戸川と千葉県浦安市を望む 池と豊かな自然に心和む平成庭園 西東京市ウオーキング協会の10月例会は日曜の27日、東京都江戸川区の葛西地区であり、15人が参加して水辺の風景を楽しんだ。 葛西地区は東に旧江戸川、西に荒川・中…

<農業講座日記> 腐葉土の切り返し 農作物は生育順調

土づくりに大きな役割を果たす堆肥の切り返し作業 17回目の講座は10月23日、講座用の畑での作業がなく、男性は先生の自宅の敷地内の一角で腐葉土の切り返し作業を、女性はその近くの畑でナスの最後の収穫作業を行った。 先週が休講のため2週間ぶりの実習。…

障害ある孫 保育園で最後の運動会

5歳児の元気な「荒馬踊り」=東京都内の保育園 「雨の中、わざわざ来てくれてありがとうございました」と娘からメールがあった。前日の10月19日、保育園での運動会が今年で最後になる孫の奮戦ぶりを見に行ったことへの礼だった。 東京の区立保育園に通う孫…

ホームカミングデー 最初で最後の招待

ホームカミングデーと校友会主催の大学祭でにぎわうキャンパス 〇…50年ぶりに母校の大学を訪ねた。つまり、卒業後、初めて。日本有数のマンモス大学の一大イベントの日とあって、キャンパスの各館前は物販などのテントが隙間なく並び、OBグループや家族連れ…

1日だけ開帳の仏像や整備完了の金堂跡 国分寺市で文化財めぐり

復元整備された武蔵国分寺の金堂基壇に上がる人たち 国分寺市教育委員会など主催の市内文化財めぐりが10月10日にあった。国分寺薬師堂に安置される国の重要文化財、木造薬師如来坐像の年1日限りの開帳に合わせたイベント。約6キロのロングコースには市内外…

<農業講座日記>ホウレンソウと春菊の種まき、枝豆は収穫終了(10月8日)

最後のうねに2粒ずつ丁寧に春菊の種をまく 講座15回目の10月8日はホウレンソウと春菊の種をまき、枝豆の収穫を終えた。台風に備え、寒冷紗(かんれいしゃ)の支柱を補強。 先生の都合で異例の午後3時集合。朝方までの雨で畑の土が湿っていた。 メキャベツ…

雨降っても花なくても庭園の趣に満足 小石川後楽園

小石川後楽園の円月橋。江戸初の上水道、神田上水跡に架かる 東京・文京区観光協会主催のまち歩きイベント「今も残る大名屋敷の庭園・小石川後楽園とその周辺を巡る」が10月6日にあった。 都と東京観光財団が都内の観光協協会などのまち歩きツアーを集め、…

<農業講座日記>初収穫は枝豆 カブの種まき、大根間引き(10月2日)

収穫第一号の枝豆。根を切り落とす。出来はまずまず 講座14回目の10月2日は枝豆を半分収穫し、大根の間引きとメキャベツとブロッコリーに追肥をした。 前日に続き真夏日が予想されたが、空気は乾燥していて爽やかな秋晴れ。先生が地域の秋祭りで多忙なため…

広い空間 実物ずらり 小田原 生命の星・地球博物館

大きな「アンモナイトの壁」。化石に触れる 西東京市郷土文化会の10月例会が1日、神奈川県小田原市の県立生命の星・地球博物館と小田原城であり、26人が参加した。 最初の目的地、地球博物館は西東京の市街地から貸し切りバスで2時間ほど。広いエントラン…

都市農業公園は秋色 東京・足立区で公園ウオーキング

秋色の田畑が広がる足立区都市農業公園を行く 西東京市ウオーキング協会の9月例会は22人が参加して28日、東京都足立区西部の公園を巡った。 出発点となった日暮里・舎人ライナー舎人公園駅は都立舎人公園のど真ん中にある。公園は1981年に一部開園し、なお…

見どころてんこ盛り 湯島天神、旧岩崎邸庭園、東大を巡る(3/3)

野趣に富む三四郎池の周遊路。観光客はほとんどいなかった 午後の部は、庭園のれんが塀沿いの無縁坂を上り、東京大学医学部正門とされる「鉄門」から本郷キャンパスに入った。 夏草が茂る医学部未利用地に、加賀藩の支藩である大聖寺藩の江戸藩邸跡をしるす…

見どころてんこ盛り 湯島天神、旧岩崎邸庭園、東大を巡る(2/3)

旧岩崎邸洋館の階段室。彫刻した板を柱に巻くという凝った意匠 旧岩崎邸庭園はガイドボランティアに1時間案内してもらえるよう、豊福さんが手配してあった。 海運業で財を成し、三菱の創始者で初代社長の岩崎弥太郎が大名屋敷跡を購入し、長男で3代目社長…

見どころてんこ盛り 湯島天神、旧岩崎邸庭園、東大を巡る(1/3)

銅製の表鳥居の基部。鳥居は東京都指定有形文化財 市民団体の北多摩自然環境連絡会主催の「湯島天神・旧岩崎邸庭園と本郷界隈(かいわい)散策」が9月25日、東京都文京区であり、秋晴れの下、15人が参加した。 都公園協会の都民向け学習事業で講師を務める…

<農業講座日記> 大根間引きとカブ、ホウレンソウのうね作り(9月24日)

穴が5列のマルチシート。右がカブ用、左はホウレンソウ用 講座13回目の9月24日は大根の間引きとカブ、ホウレンソウのうね作りを行った。 台風17号が去った前日の東京は最高気温が30度を超える真夏日となり、今日も真夏日が予想されて大型扇風機が登場した…

「史跡を使いたおせ!」 武蔵国分寺跡 整備完了記念シンポ

武蔵国分寺跡などの史跡の活用を考えたパネル討論 国指定の史跡・武蔵国分寺跡の整備完了を記念するシンポジウム「史跡を使いたおせ!」(国分寺市と同市教育委員会主催)が9月21日、国分寺市のいずみホールで開かれた。 史跡は、古代の官道・東山道武蔵路…

<農業講座日記>ニンジンと白菜間引き、ブロッコリー定植(9月17日)

太く立派なニンジンに育つよう間引き作業 講座12回目の9月17日はニンジンと白菜の間引き、キャベツの追肥、ブロッコリーの苗の定植を行った。今年最後の真夏日が予想され、青空ながらも蒸し暑い朝だった。 ニンジンの間引きについて、先生の保谷隆司さんが…

<農業講座日記> メキャベツの苗植え 台風被害は軽微(9月10日)

50センチ間隔でメキャベツの苗を植え込む 講座11回目の9月10日は大根2種類の種まきと新たなうねにメキャベツの苗を植えた(前回欠席)。 台風は季節外れの猛暑を残し、前日に続いて都心の最高気温36度が予想され、実習の畑には再び大型扇風機2台のお出ま…

西東京市独自の小中一貫教育 来年度実施 まず教育広報で周知

西東京市教育委員会は来年度から実施する小中一貫教育について、11月15日付で発行予定の教育広報紙「西東京の教育」に特集を掲載すると、開会中の第3回定例市議会で明らかにした。児童生徒の保護者や地域住民に初めて概要が知らされることになる。 木村俊二…

見てわかる「先史・古代」の最新研究 歴博を見学

約4万年前の南関東にいたナウマンゾウの実物大の模型が入館者をお出迎え 西東京市郷土文化会の9月例会が3日、千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館(歴博)であった。貸し切りバスで37人(ゲスト参加5人を含む)が訪れた。 歴博の展示は、時代区分などによ…

沿道50万人を魅了 浅草サンバカーニバル

華やかな衣装で踊るダンサーたち 下町の夏を締めくくる「浅草サンバカーニバル」が8月31日、東京都台東区の浅草寺周辺であった。 パレードがスタートする午後1時すぎ、東京メトロ銀座線浅草駅の出入り口周辺の歩道はまだかまだかと首を伸ばす見物客であふれ…

<西東京市議会> 議運委定数「8人」を可決 会派消滅で1減

第3回定例会が開会した8月30日の本会議で、議会運営委員会が提出した委員会条例の一部改正案が真っ先に可決された。 採決に先立ち、議運委の保谷七緒美委員長が提案理由を説明した。「委員の辞任に伴い、定数9を8に改める」。可決は全会一致。 関係者に…

<西東京市議会>第3回定例会始まる 一般会計は25億円追加

第3回定例会は8月30日招集され、会期を9月30日までの32日間と決めた。市が提出した議案24件のうち今年度の一般会計補正予算案など予算関連6件は予算特別委員会に付託、条例の一部改正案などは陳情2件とともに所管の常任委員会に付託して散会した。 市一…

<農業講座日記> 白菜の種まきと大根の種まき準備(8月27日)

穴には3粒―そろりそろりと白菜の種まき 講座9回目の8月27日は白菜の種まきと大根の種まき準備を行った。 白菜の品種は「黄ごころ85」。今は球の内側が黄色い「黄芯(おうしん)白菜」が主流で、芯が白いものは作られなくなったという。「気心」に通じるし…

戦争遺跡 なぜ多摩・武蔵野に集中

戦時中、陸軍戦闘機を隠した掩体壕(えんたいごう)=6月、調布市 「多摩・武蔵野の戦争遺跡を探る」をテーマに、山田朗(あきら)明治大学文学部教授(日本近現代史)が話す教養講座が8月22日に立川市内であった。 山田氏は、JR中央線と京王線沿線に戦争遺…

<農業講座日記> 白菜、種まき準備 枝豆は開花(8月19日)

白菜の種まきに備え、穴開きマルチシートを張る 講座8回目の8月19日は枝豆(大豆)の追肥と白菜の種まき準備を行った。 4週間前に定植した枝豆は30センチ前後に育ち、葉をかき分けると枝の分かれ目近くに5ミリほどの薄紫色の花を2つ見つけた。 実は同じ…

祭りにピタリ 清瀬のヒマワリ見ごろ

猛暑の中、次々とヒマワリ畑を訪れる人たち 東京都内で最大級とされる清瀬市のヒマワリ畑で8月17日、「清瀬ひまわりフェスティバル」(市と市農ある風景を守る会主催)が始まった。ちょうど見ごろを迎え、午前中だけで約8千人が訪れた。 フェスティバル会…

広場やスポーツ施設 整備事業に寄付募る? 市が「金額」アンケート

児童センターのフットサルコート。「整備にいくら出せますか」のイメージの1つになった 市民が憩う広場を整備する場合、あなたはいくらなら支払ってもよいと思いますか――。普通なら全額公費(税金)で行われるはずの事業に、個人や世帯が寄付できる金額を選…