東京・中野区 江古田の森~新井薬師を歩く

イメージ 1
 西東京市ウオーキング協会の2月のミニウオーキングは7日、西武池袋線江古田駅練馬区)から寺社や公園に立ち寄り、ほぼ真南の西武新宿線新井薬師前駅(中野区)へ向かう約6キロのコースで行われた=写真は哲学堂公園

 東京は最高気温が10度に達しない日が長く続いているが、31人が参加し、冬晴れの下を歩いた。

 午前9時15分ごろ、江古田駅北口を出た。すぐ浅間神社があり、境内にある「江古田の富士塚」は国の重要有形民俗文化財に指定されている。江戸時代後期に築かれ、高さ8メートル、直径30メートル。都内では指折りの大きさというが、登山できる日は限られていて、この日も木の柵が登山口の鳥居の前をふさいでいた。木々の枝葉にさえぎられ、山容全体を見られないのも残念だ。

 地下通路で線路の下を抜け、千川通り目白通りを経て、ここから中野区となる江古田の森公園に到着。工事中だったので園内に入らず外周の道を歩き、江古田通りとその西隣の道から区立歴史民俗資料館に10時ごろ着いた。約20分間の休憩が告げられた。

 1階展示室では館蔵品展「犬の絵馬と動物たち」(9日まで)が開かれており、丸い体に丸い顔、背の上にでんでん太鼓を結わえた愛らしい「江戸犬張り子」が中央に陣取る。壁に沿ってさまざまな犬の絵馬や土鈴などの郷土玩具が並ぶ。中野駅周辺の旧町名が「囲町(かこいちょう)」なのは、徳川綱吉が設けた野犬保護の施設「御囲(おかこい)御用屋敷」だったことに由来するという知識を得た。

 資料館から新青梅街道を東へ向かい、東洋大学創立者で哲学者の井上円了墓所がある蓮華寺に寄って中野通り口から哲学堂公園に入った。

 哲学堂公園は円了が構想した、世界でも珍しい「哲学のテーマパーク」とされ、哲学に由来する建築物や碑、池などが配置されている。この日は聖徳太子荘子など東洋の賢人6人をまつる「六賢台」の横の小道を下り、筆塚、唯心庭、菖蒲(しょうぶ)池を通って四村(しむら)橋口に出るという短縮コース。都の名勝でもあり、再訪して時間をかけて散策したい。

 哲学堂通りを南へ向かい、新井薬師前駅の踏切を越えて右折、中野通りを左折して北野神社に立ち寄った。1本の白梅の木にだけ、枝先に数輪開花しているのが見えた。「なで牛」はここでも人気だった。

最後は、目の病にご利益があるとして知られる新井薬師(梅照院)。この時期、境内は閑散としており、会員たちはゆっくりと参拝できたようだ。

西武線新井薬師前駅付近のバス停で1150分ごろ解散した。(下の写真は左から江古田の富士塚前、中の区立歴史民俗資料館の「犬の絵馬と動物たち」展)
イメージ 2イメージ 3