東海道五十三次の名所名物 北斎の絵でたどる

イメージ 1

 東海道五十三次の名所を江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎17601849)の作品で見る講座が1030日、西東京市谷戸公民館であった。すみだ北斎美術館(東京都墨田区)の学芸員の五味和之さんが各宿場の特色を説明し、北斎作品を画像で紹介した=写真。


 五味さんによると、北斎40代から50歳までに五十三次の作品を7種類描いた。手の平より小さくトランプほどの大きさで、持ち運びに便利な、旅行が少ない時代のガイドブックだった。約30年後には歌川広重17971858)も表彰状サイズの大判錦絵を数多く刊行するが、旅行から帰って追憶するのに見られたという。


 出発地の江戸・日本橋は人のにぎわいを中心に実際は存在しないが権威の象徴としての江戸城や武士、魚河岸などを描く。終点の京・三条大橋では7つのシリーズすべてに公家の姿が描かれた。


 渡し舟や渡船場、関所、城など宿場は違っても画題が共通するものもあるが、とろろ汁(鞠子<まりこ>=静岡市)、かしわ餅(白須賀=湖西市)、焼きはまぐり(桑名=桑名市)などの名物、たこ揚げ(掛川掛川市)などの伝統行事、有松絞(鳴海=名古屋市)や大津絵(大津=大津市)など地場産業が、人々の豊かな表情と相まって旅心を誘う。


 今も残る名物や名所跡は多く、五味さんは「食べるもよし、歩くもよし、北斎美術館で絵を見るもよし。北斎東海道を楽しんでください」と結んだ。