「ばあちゃんがいた正月」 友人が国展に出品

日本最大級の公募展とされる第96回国展の展示会場

友人が出展した油彩「ばあちゃんがいた正月」

 5月15日、東京・六本木の国立新美術館に国展を見に行った。友人から「絵を出展している」と招待状をもらったからだ。

 

 同展は第96回ということだが、見たことはない。それどころか、彼が絵を描いていることを知らなかった。

 

 彼とは知り合ってから30年余り、年賀状のやりとりだけで細々縁がつながっていた。近年は添え書きがないときもあったので、この知らせはうれしかった。「国展」や主催する「国画会」をインターネットで調べた。

 

 国立新美術館は長蛇の列ができていて、一瞬驚いたが、これはメトロポリタン美術館展の入場待ちで、どんどん進むと国展の表示が見えた。

 

 受付で彼の作品の展示場所を聞き、絵画部の会場に入ったが、最終日の前日で日曜日なのにこちらは混雑と無縁で、鑑賞者はまばらな状態。

 

 それにしても会場は広い。作品はどれも大きく、全体で約600点に及ぶ。「日本最大級の公募展」とうたうのに納得する。

 

 彼は約120人の一般出品者の1人。作品は油彩でタイトルは「ばあちゃんがいた正月」。大きな丸いちゃぶ台の上におせち料理が並び、ばあちゃんは火鉢で餅を焼き、父親は手酌酒。背番号入りのシャツを着てお年玉の袋を手にしているのが少年時代の彼だろう。

 

 母親はかっぽう着姿でおわんを運び、子どもたちの傍らにはたことこま、羽子板と遊びの準備も怠りない。どこを見ても戦後昭和の家族の平和な元旦風景。ストーブのそばで眠る猫も幸せそうだ。

 

 作品を一緒に見てくれた主催者側の人は「細かいところまで表現され、楽しい雰囲気が伝わる。好感が持てる心象風景」と評した。私はうれしかった。でも、描かれた世界がうらやましかった。

昭和まんがの聖地 豊島区南長崎・トキワ荘ゆかりの地を巡る

トキワ荘を復元、ゆかりの地の拠点となるマンガミュージアム

似顔絵とサインの銅板で飾った記念碑「トキワ荘のヒーローたち」

トキワ荘通りお休み処の2階に再現された寺田ヒロオの部屋

 手塚治虫石ノ森章太郎赤塚不二夫藤子不二雄など、少年の私を漫画好きにした漫画家たちが、若いころ一緒に住んでいた豊島区南長崎(旧椎名町)のアパート「トキワ荘」ゆかりの地を歩いた。

 

 「笑ゥせぇるすまん」のブラックユーモアが記憶に残る藤子不二雄(A)さんが4月に亡くなったこともあり、5月11日、新聞社主催のガイド付きウオーキングに参加した。

 

 コースは西武池袋線椎名町駅から都営大江戸線落合南長崎駅までの約3キロ。トキワ荘通りお休み処(どころ)、トキワ荘マンガステーション、トキワ荘マンガミュージアムと三つの施設に入った。

 

 お休み処は築94年の米屋を改装して2013年に開設。1階は散策のための情報提供や蔵書の閲覧に使われ、2階にはトキワ荘の若手漫画家のまとめ役だった寺田ヒロオの部屋が再現されている。

 

 3軒隣のステーションはトキワ荘関連の書籍約6千冊を収める図書館。50分ごとの入れ替え制で、本は自由に読める。

 

 そしてトキワ荘の漫画文化を発信し、後世に受け継いでもらう拠点となるのが、トキワ荘を復元したミュージアムだ。南長崎花咲公園の奥に2020年7月、ステーションと同時開館した。

 

 トキワ荘は1952(昭和27)年に棟上げ、翌年に手塚治虫が入居後、上京してきた若い漫画家たちが集まり、計11人が住んだ。老朽化のため82年に解体された。

 

 ミュージアム2階に上がると、当時を再現したトイレと共同炊事場、廊下を挟んで九つの居室が並び、居室の一部には仕事の道具などを置いて実生活をしのばせる。1階はゆかりの漫画本やトキワ荘の屋根を外して2階住人の暮らしぶりを見せるジオラマが展示されていた。

 

 散策コースには椎名町落合南長崎の両駅舎通路に壁画やモニュメント、漫画家が通った銭湯、喫茶店、映画館跡地などを示すゆかりの地案内板、出版社が建つトキワ荘跡地に石造りのモニュメントなどがあり、退屈しない。

 

 懐古趣味で臨んだまち歩きだが、椎名町駅北口に下りれば古刹(こさつ)金剛院の境内に、ペン先を光背とした「マンガ地蔵」があり、同駅西隣の東長崎駅の駅前交番はトキワ荘の形を模していたと、並ではないまちづくりの熱意も感じた。

 

 「まんがの聖地」をうたった今回のまち歩き。募集20人に対し参加は7人、それも年配者にとどまった。マンガミュージアムでは、若い来訪者を狙い、豊島区が区内のゲーム会社の協力を得て恋愛ゲームブランドの作品展を開催していたが、これを見た参加者の複数が「よくわからなかった」と感想を話した。

 

 トキワ荘育ちの巨匠の作品を愛読した世代は遠からず絶える。新しい漫画・アニメ文化をつくったり支えたりする人へのバトンタッチをどうすれば「聖地」は続きうるのか。ゲーム作品の企画展示はその試行と見た。

出ばやしは「ポニョ」 三鷹で一之輔独演会

春風亭一之輔独演会の中入りの会場

 春風亭一之輔独演会が5月8日、三鷹市公会堂であった。演目は前半が「浮世床(うきよどこ)」と「妾馬(めかうま)」、後半が「たちきり」。

 

 「たちきり」は題も知らず初めて聴いた。金遣いが荒く遊び人の若だんなが蔵に100日閉じ込められているうちに、恋仲の芸者が若だんなの不実を嘆いて死ぬ。置屋を訪ねてそれを知った若だんなが供養の酒を飲んでいると、仏壇から三味線の音が流れ、ふと絶える。「ちょうど線香が断ち切れました」。

 

 この人情噺(ばなし)に入る前のマクラは珍しく短かった。それと対照的だったのが前半の高座だ。

 

 出囃子(でばやし)は意表を突くアニメーション映画崖の上のポニョ」の主題歌。「三鷹と言えばジブリ」と三鷹の森ジブリ美術館スタジオジブリ制作の「ポニョ」に引っ掛け、登場から地元ファンとの距離をぐいと縮める。

 

 ジブリ作品で前々週にテレビ放映された「魔女の宅急便」に深く入り込んだ。初めて全編を視聴したと言い、魔女の家系で修行の旅に出る主人公の少女を引き合いに、「代々の家系に生まれ出来の悪い」落語家をいじったり、学校寄席で子どもたちの無反応ぶりに「おれはニシンのパイか」と自虐的に怒ったり。

 

 このほか最近の事件事故やゴールデンウイークに絡めた自他の落語家のエピソードを語り、マクラだけで一席分を超えるほどの時間を笑わせてもらった。

 

 一之輔師匠ぐらいになると、一つの噺を持ち時間に合わせてその場で伸縮自在に語れるそうだが、マクラと本編のバランスの妙もまたお見事というしかない。

中咲き・遅咲きの桜を楽しむ 小金井公園

f:id:amullar:20220412175647j:plain

見ごろはこれから。遅咲きの品種ヨウキヒ(楊貴妃

f:id:amullar:20220412175946j:plain

枝張り20メートルと関東屈指の大きさを誇るオオシマザクラ(大島桜)は葉桜に

 季節外れの暖かさが続く4月11日午後、東京都内の桜の名所、都立小金井公園小金井市小平市西東京市武蔵野市)へバイクで出かけた。

 

 新型コロナウイルスの感染再拡大で外出をためらっているうちに花見時期を失したが、小金井公園なら遅咲きの桜が残っているであろうと思い立った。土日曜明けの月曜なら人出も少なかろう。

 

 家から30分ほど走り、小金井街道沿いの公園西口にバイクを置いた。一番の目当ては東口に近い、ゆりの木広場にあるオオシマザクラだ。枝の端から反対側の枝の端まで20メートルあり、関東一大きいといわれる。

 

 散り始めぐらいを期待していたが、もともと開花と葉の出るのが同時という品種のうえ、「葉桜」の段階まで進んでおり、残念な思いをした。見に訪れる人もポツリポツリ。枝下に広がるムラサキキハナは花盛りだった。

 

 大木で本数も圧倒的に多いソメイヨシノがつくる豪華な風景は終わっても、西口から入ってすぐの「桜の園」では白い大きな花弁のコマツナギが満開。東へ向かうと、八重のヨウキヒは三分咲き、ウスズミが満開と中咲きや遅咲きの品種が目を楽しませてくれる。

 

 小金井公園には60種類約1400本の桜が植えられており、2月下旬から5月上旬まで桜を楽しめるという。

 

 この日は宿根草園でチューリップなどが咲き誇っていたほか、全身を赤紫色の花で覆ったベニバナトキワマンサク、源平咲きのボケを見ることもできた。

 

 都心は前日、最高気温が25度を超え、今年初の夏日を記録。この日も負けず劣らずの暖かさで、園内をゆっくり歩いたのに10分ほどで汗をかいた。2時間かけて東西約2キロを往復したが、日頃の運動不足を埋めるには度が過ぎたかもしれない。

飛鳥ロマン今も 高松塚古墳壁画 発見50周年シンポ

f:id:amullar:20220325234009j:plain

色や凹凸が忠実に再現された「飛鳥美人」の複製陶板にタッチ

f:id:amullar:20220325234233j:plain

定員の5倍の応募があったシンポジウムの会場

 高松塚古墳壁画(国宝)の発見50周年を記念するシンポジウム「高松塚が目覚めた日-極彩色壁画の発見」(文化庁など主催)が3月20日、東京・有楽町朝日ホールであり、5倍の抽選に当選した300人が参加した。

 

 発見当時文化庁職員だった有賀祥隆(よしたか)東北大名誉教授は基調講演で、高松塚古墳と同じ奈良県明日香村にあり極彩色壁画が描かれたキトラ古墳と比較。天井石の形や星宿図の日・月の位置の違いから「キトラより少し時代が新しくなっての制作と考えられる」と述べた。

 

 壁画の制作年代については、描かれた人物像のえりの合わせ(左前)や袖口の大きさなど服装の特徴からは、708(和同元)~719(養老3)年の間に狭められるという。

 

 四神図の青龍と白虎、男子群像の配置、女子の上衣のしわの描き方などは8世紀初頭の中国の表現描写法がいち早く取り入れられており、その技量を高く評価した。

 

 討論では、東壁の男子群像は表情や頭の位置がそろっている画法から絵師グループでも筆頭格の人が描き、西壁の男子群像はそれに次ぐ人が担当したのではないかと話した。また「飛鳥美人」と呼ばれる西壁の女子群像は、衣服にしわを入れたところに進取の気概を感じ、「若手の絵師ではないかと想像する」。

 

 また被葬者については8世紀初頭ごろ死んだ「天武天皇のおじクラスではないか」との見方を示した。

 

 壁画は8面すべて原寸大で陶板に複製され、奈良県橿原市の県立橿原考古学研究所付属博物館で保管されている。シンポジウムには複製陶板を製作した大塚オーミ陶業(本社・大阪市)の大杉栄嗣(えいつぐ)社長も登壇し、工程を説明した。

 

 画像は発見直後に撮影された写真原板に自社の伝統技術を施し、壁画下地のしっくい表面の凹凸は新たに3Dデータで再現。最後は経験豊富な技術者が手を加えて完成度を高めたという。

 

 この日、飛鳥美人などの試作品4枚がシンポジウムと別の会場で展示され、多くの参加者がじかに触れて高精細な出来栄えを確かめていた。

口から阿弥陀仏 空也像 背中も見られる特別展

f:id:amullar:20220321172656j:plain

空也上人立像について解説があった特別講座=3月18日、東京国立博物館

 東京・上野の東京国立博物館で開催中の特別展「空也上人と六波羅蜜寺」を鑑賞するための特別講座「空也の寺と運慶のアトリエ」が3月18日、同博物館であり、170人が参加した。

 

 講師は仏像研究の第一人者といわれる鎌倉国宝館館長の山本勉氏。約50年ぶりに京都・六波羅蜜寺の外に出た「空也上人立像(くうやしょうにんりゅうぞう)」(国重要文化財)が鎌倉時代を代表する仏師、運慶の四男、康勝(こうしょう)の作であることから、同寺所蔵の仏像や運慶作と伝えられる仏像、運慶一門と寺の関係などについて解説した。

 

 この中で、山本氏は、特別展に出ている「四天王立像」(国重文)のうち持国天は手足の上げ下げや衣が東寺講堂の持国天と似ており、「日本における特定の像の模像の初例か」と述べた。

 

 講義の後、特別展へ。会場は新型コロナウイルス感染症対策のため人数を区切っての入場。空也上人立像が見渡すように、左右と正面の壁際に展示物が並ぶ。

 

 空也は平安中期の僧侶。京の市で、来世において極楽浄土に往生することを願う浄土教を説いた。没後1050年に合わせて今回の特別展となった。

 

 空也立像は、口から6体の小さな阿弥陀仏が飛び出している姿が特徴的で、高校の日本史教科書にも写真が見受けられる。

 

 山本氏は空也像の表情を「奇跡を写実的に表したのではないか」と話したが、法悦というよりは苦しそうに見える。鹿皮の衣をまとい、左手に鹿の角を付けたつえという平安末期の念仏行脚の僧のいでたちを改めて確認する。

 

 像は全方向から見られるので、後ろに回ると衣のゴワゴワ感がよくわかる。ただ像高が117センチと低いせいか台座が高く、6体の仏像を見るには単眼鏡があった方がよい。

 

 ほかに、入場してすぐ対面するのはほぼ等身大の「地蔵菩薩(ぼさつ)立像」(国重文)。木彫の鋭さを消した彫り口の頭部は小さく丸顔、スラリとした立ち姿は天平復古のプロポーションという。

 

 空也像の正面は薬師如来坐像(ざぞう)と四天王像、右側には運慶作「地蔵菩薩坐像」や巻物を広げる「伝平清盛坐像」(いずれも国重文)など平安・鎌倉期につくられた仏像、絵画など約20点が展示されている。

 

 特別展は5月8日まで。3月22日と月曜は休館(3月28日、5月2日は開館)。一般1600円など。

コロナ「陽性」も笑いに 柳家権太楼独演会

f:id:amullar:20220314195910j:plain

終演後に貼りだされた柳家権太楼独演会の演目

 落語家は自分のコロナの災禍も笑いのネタにしてしまう。柳家権太楼さんは1月20日、少し熱っぽかったので寄席の千秋楽を休み、PCR検査を受けたところ、陽性の結果が出た。奥さんは濃厚接触者となる。保健所との電話のやりとりで「かかあ」はこう言った。「そんなはずありません。3日も口きいていませんから」。

 

 3月13日、三鷹市で開かれた柳家権太楼独演会の後半の演目「疝気(せんき)の虫」のマクラで披露した。入院先が自宅近くの病院だったので、奥さんは「自転車でいかせますから」とも言ったそうだ。さすが噺家(はなしか)の妻、とまた笑ってしまったが、存外、本当に気が動転していたのかも。

 

 2日続きの落語会通いは初めて。権太楼さんが1つ年上であることに親近感を持ち、立ち居振る舞いやしぐさにも目がいった。客席からは見えないが、高座の上り口には小さな階段が付いているらしく、師匠が足元を見て慎重に足を運んでいるのがわかった。

 

 だが、ひとたび座布団に着座すれば、扇子で顔を隠す番頭さん(前半の『百年目』)も疝気の虫も、客のすぐ目の前にいるかのように大きく演じてみせる。

 

 新型コロナ対策では帰宅すると手洗いや消毒、うがいを欠かさず、酒も家飲みだけと言うが、普段はどうやって運動能力を維持しているのだろうか。