山手線、複雑な生い立ち 隅田川クルーズで学ぶ

隅田川を下る水上バスで鉄道の歴史や最新事情を語る小林祐一さん

新しい商店街を形成するれんがアーチ橋も立派な鉄道遺産だ=新橋駅付近

 水上バスを運航する東京水辺ラインがクルージングと鉄道史まち歩きを組み合わせた「歴史クルーズ・小林祐一の鉄道散歩~山手線がつくった街『東京』~」が2月27日にあり、29人が参加した。

 

 小林さんは交通史学会の会員で、JR東日本の山手線に詳しいという。クルージングに先立ち、「『汽笛一声』から高輪ゲートウェイまで 山手線開拓の歴史をたどる」と題して講演。

 

 日本の鉄道は東海道中山道に沿う形で計画されたことや、池袋―田端間が最初に山手線と名付けられ、1932(昭和7)年に現在の周回する山手線の原形が完成するまでの曲折、2024年に正式開業をめざす高輪ゲートウェイ駅の特異点などを話した。

 

 水上バスは両国リバーセンターから出航。隅田川を下り、レインボーブリッジの手前でUターンしてウォーター竹芝に着岸した。

 

 強風のため上部デッキには出られず、全員が客室で着席したまま約1時間、橋や沿岸の風景を見ながら、小林さんが話す隅田川の水上輸送や山手線沿線の開発にまつわるエピソードを聴いた。

 

 下船後はガイドレシーバーを装着してまち歩き開始。JR新橋駅近くに復元された1872(明治5)年開業時の新橋駅舎の外観とプラットホームをビル3階から見下ろし、実際にそばで線路などを見た。駅舎内の展示施設も見学。

 

 超高層ビル42階の和食レストランで食事をとり、新橋駅でD51動輪や明治時代に米国から輸入したホーム階段の鉄柱を見て、小林さんの解説を聴いた。

 

 新橋駅西側の烏森口付近から東京駅に向かい、高架下のレンガ積みの壁沿いをひたすら観察歩きする。れんがを横に並べた列の上下が縦置きなのは鉄道技術と同じくイギリス式だという。

 

 ガード下の通り抜け空間は線路やバラスト(砕石)の重さによる地盤沈下を抑える役割を担う。有楽町側のアーチの幅が新橋のものより狭く、アーチとアーチの間隔が近いのは地盤が強固だから。

 

 道路と立体交差するガードには建設当初のリベット打ちの鉄柱が残っていて装飾性も高い。

 

 見慣れたれんが壁やガードの柱にも、鉄道遺産があふれている。小林さんは東日本鉄道の収入のうちガード下の飲み屋街の賃料など不動産収入がかなり上位を占めていることも教えてくれた。

 

 まち歩きの終点は東京駅。出口から出口まで1.1キロあって国内で最も長い駅と言う。駅舎外壁のれんが壁の装飾目地、丸ビルに保存展示されている基礎材のスギ丸太と、ここでも雑学の上積みがあった。

 

新年度から胃がん内視鏡検診 市長施政方針

 今年第1回の西東京市議会定例会は2月26日開会し、会期を3月26日までの30日間と決めた後、池沢隆史市長が施政方針を述べた。

 

 施政方針では、まちづくりへ若者が積極的に参画してもらうことを新たな政策の柱に掲げた。

 

 これまで掲げてきた「子どもが『ど真ん中』のまちづくり」では妊産婦、子育て家庭、子どもを一体的に支援する「こども家庭センター」を新設し、児童虐待の未然防止をめざす。公立小中学校の給食費は子どもの数や世帯の所得に制限のない完全無償化を実施する。

 

 環境施策では小学生とその保護者を対象に、友好都市の山梨県北杜市間伐材を使った木工体験などを行い、二酸化炭素を吸収する森林の働きを学習してもらう。

 

 一般会計の当初予算額は前年度比3.7%増の803億7200万円として新規事業を中心に説明。

 

 子ども関係ではスマートフォンなどを持たない子どもの悩みごと相談に無料のミニレターで応じる方法を試行する。定員超過対策として柳沢小校庭に学童クラブを建て2026年1月開設をめざす。

 

 保健事業では、市内の男性の胃がんによる死亡割合が東京都の平均より高いことから胃内視鏡検診を導入して早期発見・早期治療を図る。市によると対象は50~79歳で、自己負担は2500円。

 

一般会計など予算関係の議案10件は予算特別委員会に、条例関係19件、陳情1件は所管の常任委員会に付託された。

 

 27日から代表質問が行われる。

法隆寺金堂壁画 公開への課題語る

 戦後火災で焼損した奈良・法隆寺金堂の壁画(国重要文化財)の活用策などを考え合う講演会「法隆寺金堂壁画 一般公開へ向けて~提言から読み解くこれから10年の展望~」(法隆寺など主催)が2月23日、東京・有楽町朝日ホールで開かれた。

 

 焼損した壁画は如来や菩薩が12面に描かれ、現存する国内最古の仏教絵画とされる。焼けた柱などとともに境内の収蔵庫で保管されている。

 

 収蔵庫は原則非公開で、近年は一般公開へ向けた調査研究のための寄付者や1日の人数、見学期間などを限定して公開した。

 

 提言は(1)管理マニュアルの整備(2)収蔵庫の改修(3)壁画の価値評価のための調査研究の継続―を基本方針とする内容。法隆寺金堂壁画保存活用委員会が8年かけてまとめ、昨年5月に寺に提出した。

 

 講演会では委員会に携わった文化庁や大学の専門家が提言の概要や委員会の歩みを語った。小椋大輔・京都大大学院教授は、限定公開時に収蔵庫の入り口となる前室を拡張したり除湿器を設置したりしたことが保存環境を安定させるのに効果があったことをデータで示した。

 

 今後は絵画が描かれた土壁を同じ材料で作り、変化を観察することで劣化リスクを予測できる可能性があるとした。

 

 朝賀(あさか)浩・皇居三の丸尚蔵館副館長は高松塚古墳キトラ古墳の壁画発見により金堂壁画の影が薄くなったことを指摘し、金堂壁画を未来に伝えるためには「国民を巻き込んだ保存のうねりをつくることが必要」と述べた。

 

 座談会で古谷正覚(しょうかく)法隆寺管長は「一般公開を通して文化財を守る大切さを知っていただきたい。(そのためにも)焼損したオリジナルの壁画を見ていただきたい」と話した。

東大の田無演習林に学ぶ 公民館が講座

都市の中の森林・田無演習林について説明する助教の前原さん

特別に公開されたマツの苗畑。霜よけに枯れた松葉がかぶされている

 西東京市保谷駅前公民館主催の環境講座は2月17日、東京大学大学院附属田無演習林(緑町1)で初めて行われ、20人が参加した。

 

 東京から消えてゆくなかで残る都市林や屋敷林の魅力と大切さを、現地を訪れて専門家らに教えてもらうのがねらいだ。屋敷林の高座は24日、下保谷4丁目特別保存地区(旧高橋家屋敷林)が予定されている。

 

 東大演習林は北海道、関東、東海地方に計7カ所あり、全体の面積は東京都23区のほぼ半分にあたる約3万2300ヘクタール。田無演習林は約8ヘクタールで、最も小さい。

 

 セミナーハウスでの講座では、同演習林助教の前原忠さん(56)が「都市の中の森林について」と題して話した。

 

 同演習林は戦後まもなく周囲がほとんど畑だったが、1970年代から宅地化が進み、現在まとまった畑と森林があるのは東大演習林と旧東大農場だけになったことを航空写真で示した。

 

 都市の中の森林の管理については、現在の森林(樹木)の状態や人のかかわり方、動植物の状態を把握したうえで、将来どんな森林にしたいかという目標を設定するなどの手順を説明。市と市民団体が、武蔵野の雑木林の面影を残す公園づくりと取り組む西原自然公園の事例を紹介した。

 

 午後は前原さんの案内で外周の見学路を歩いた。人の手を加えないと林がどう変わるかを観測する区画や本来標高の高い地帯で育つカエデが東京の平地で育つかを調べる見本林、外国産や品種別のスギやマツの見本林のほか、花の時期に見学者が訪れるハンカチノキやヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)、樹高が最も高いメタセコイア林の落葉した姿を見た。

 

 幹の直径や木の高さを測る専門の道具や器具の実演と体験、一般には公開されないマツの苗畑見学もあり、参加者たちは楽しみながら森林への理解を深めた。

「縄文の始まりと終わり」 世界遺産記念フォーラム

世界遺産「北の縄文」の魅力や価値を考えたフォーラム

 北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録2周年を記念するフォーラムが1月28日、東京・千代田区有楽町朝日ホールであり、約700人が参加した。

 

 「縄文時代の始まりと終わり」と題して講演した根岸洋・東京大学大学院人文社会系研究科准教授は、土器が出現した1万5千~1万6千年前の寒い氷河期末期が縄文時代の始まりと考えられ、定住はしていないと話した。

 

 縄文時代の終わりには、稲作農耕が行われる弥生社会と北・東日本の晩期縄文社会が併存しており、九州と本州北端では400年以上の地域差があったという。

 

 世界遺産となった縄文遺跡群(構成資産)は17カ所あるが、定住開始という縄文時代の始まりを示すのは大平山元(おおだいやまもと)遺跡(青森県外ヶ浜町)。

 

 その次の展開として集落(ムラ)が成立し、その中で居住域と墓域が分離した姿を示すのが垣ノ島遺跡(北海道函館市)だ。それぞれの遺跡を発掘調査した専門家が特徴や整備状況などを報告した。

 

 弥生時代の専門家を交えた意見交換では、謎が残る土器の出現や時間がかかった稲作の北上、弥生時代の戦闘などについてパネリストが見解を披露。

 

 コーディネーターを務めた岡田康博・三内丸山遺跡センター所長は「世界遺産の価値や魅力は現地を訪れてこそわかる。ぜひ楽しんで旅をして」と参加者に呼びかけた。

当選は最後の年賀状

一抹の寂しさを感じさせる今年限りの年賀状

 今年もらった年賀状25枚のうち1枚が3等に当たっており、1月19日に郵便局で切手シートを受け取った。

 

 差出人は、30代後半に知り合った同業他社の友人。私と同年配で、彼は緑内障による視力障害が進み、今年で年賀状を出すのをやめる、と書いていた。

 

 今年が最後の年賀状と書いてきた人がもう一人いて、こちらは元の会社で少し後輩。「体にガタがきた」「今後はメールか電話で」という。

 

 妻も目や消化器などが悪くなり、今年は出してくれた人にだけ「最後とする」趣旨を書き添えて出したという。みんな、そんな年齢になったのだなぁと寂しい気持ちになる。

 

 転勤の多い職種とあり働き盛りのころ出すのは100枚を下ることがなかった。退職後は少しずつ減らし、今年は入社同期、転勤先で大変お世話になった人、親類などに絞り、過去最少の34枚だった。

 

 減らしこそすれ全面ストップは考えたこともなかったが、身辺に具体的な動きが複数現れてくるとそうもいかない。早ければ秋にも、はがき代が63円から85円に値上がりしそうでもあるし。

津波被害乗り越える 三陸の漁労文化

三陸の漁業者を支える「海への信仰」が紹介された講座の会場

 大人の休日俱楽部趣味の会主催で1月13日、「三陸漁師を支える海の力」と題する講座が東京・千代田区であり、約50人が参加した。

 

 講師は東北大学災害科学国際研究所の川島秀一さん。三陸沿岸の漁師町には(1)エビス(2)船霊(ふなだま)(3)龍神-の言葉で表せる海への信仰があり、「漁労文化として東日本大震災後も受け継がれている」と話した。

 

 「エビス」は七福神の一柱ではなく、自身で寄り上がったり、魚を追い込んだり、魚を引き連れてきたりする生物をこう呼び、特にクジラが多くまつられるという。

 

 船に宿る船霊津波の襲来を鳴いて知らせる。甘いものが好きで、どうも女性神のようだ。帆柱の根元や舳先(へさき)の下部に紙や木を切った人形(ひとがた)をご神体として納める。

 

 竜神は海の底から上がってくる。津波の後に龍神龍王)をまつる石碑を立て、石碑に紙絵馬を貼り付ける習俗がある。「失せ物絵馬」と呼ばれる絵馬は、海に落とした包丁、モリなどの金物の絵を描き、時には射止められなかった獲物も描いて神社に奉納する。

 

 川島さんは、三陸沿岸の漁師は明治以降だけでも何度も津波に見舞われているのに、東日本大震災の後でさえも「海からずっと恩恵をもらってきた。離れられない」「海は太平洋銀行だ」と答えてくると言い、「ピンチをチャンスに変える、たくましい精神性」と称賛した。

 ◇

 大地震と大津波に襲われた三陸地方を今年こそバイクで巡り、震災遺産と復興の様子を見たいという計画を前提に、この講座に参加した。

 

 気仙沼に生まれ育ち、漁労文化を長い間研究してきた川島さんは三浦半島や長崎にも調査の足を延ばしており、講座は説得力があってしかもわかりやすい。

 

 ツーリングで訪れる予定の津波襲来の碑も、碑文や説明板を読んでどれほど深く理解し想像できるだろうか。漁師と会えるかわからないし、会話が漁労文化にまで及ぶとは考えにくい。

 

 その意味で講座は大変有益だった。能登半島地震の被災地の漁業者の皆さんも、三陸のように立ち直れるのだろうか。