映画「宮本武蔵」のお通に八千草薫をしのぶ

 7月17日、前日に続き三鷹市芸術文化センターに足を運んだ。八千草薫(1931~2019)が「お通」を演じる映画『宮本武蔵』(1954年、東宝)を見るためだ。

 

 三鷹市スポーツと文化財団は一つのテーマのもとに古今東西の映画の名作を上映している。今年のテーマは「惜別、日本の名優」。八千草薫を皮切りに来年5月の高倉健主演『遥かなる山の呼び声』まで、1カ月おきに6本の予定が組まれている。

 

 彼女が2年ほど前に亡くなっていたことは記憶になかったし、見た出演作品もほとんど彼女の晩年だったのに、なぜか彼女の若い頃を見たくなった。それは40年以上も昔、たぶん酒飲み話で同業他社の先輩が「一番好きな女優」と言ってはばからなかった声がたびたび再生されてきたからだと思う。

 

 若い頃の八千草薫はよく「可憐」と評される。スクリーンの彼女は確かにかわいかった。当時22~23歳。主催者が当日観客に配ったチラシによると、宝塚歌劇団に在籍しながら映画などに出演し、「お嫁さんにしたい有名人」ランキングでたびたび1位になったという。今、「おばあちゃんになってほしい有名人」番付があれば、やはり最上位級にランクされるのではあるまいか。

 

 映画全編では武蔵役の三船敏郎の存在感が大きい。ムサシがまだタケゾウと呼ばれて村の悪童だった時代から、生まれ変わって武者修行の旅に出るまでが描かれている。映画が「一乗寺の決闘」「巌流島の決闘」へと続く3部作とは知らなかった。

竹中直人、太宰作品を朗読

 作家太宰治(1909~48)が暮らした東京・三鷹市で続く太宰治朗読会「太宰を聴く」(市スポーツと文化財団主催)の第20回が7月16日、市芸術文化センターであった。

 

 多くの実力派俳優が出演し、今回の読み手は映画監督、ミュージシャンなど幅広く活躍する竹中直人さん。

 

 恒例の今年の太宰治賞受賞者の山家望(やまいえのぞみ)さんへのインタビューが行われた後、竹中さんは第1部で『失敗園』と『女類』、第2部で『黄金風景』と『母』を朗読。

 

 第2部の朗読後のあいさつで、竹中さんは「三鷹のまちで太宰作品を朗読するとは考えてもいなかった。とても緊張しました」と語った。

 

 太宰については、文学好きな父の書棚に『ヴィヨンの妻』があり、子ども心に「独特なタイトルだな」と思ったのが最初の出会いだと明かした。

ワクチン接種加速へ3会場追加 2会場は期間延長 西東京市

f:id:amullar:20210720010217j:plain

8月からワクチン接種の施設が設置される、いこいの森公園スケート広場

 西東京市新型コロナウイルスのワクチン接種を進めるため、7月で終了する集団接種会場の仮称・第10中学校(新ひばりが丘中学校)に代わり、西東京いこいの森公園など3カ所に集団接種会場を設け、現行の市役所田無庁舎とエコプラザ西東京は開設期間を延長する。

 

 7月19日に開かれた臨時市議会で関連事業費を盛り込んだ一般会計補正予算案が可決された。

 

 いこいの森公園はスケート広場にコンテナハウスを置き、空調設備を取り付ける。8月中旬以降から接種を開始する予定で、1日最大500人を見込む。

 

 このほか、西武池袋線ひばりヶ丘駅前のひばりが丘パルコと西武新宿線田無駅前のアスタ西東京で、各1日100人にまで対応する。パルコは5階での8月開設が決まったといい、アスタは店舗の事情で9月から接種開始となる見通し。後回しになっている30~40代や若年層にとって利便性が高く、土・日曜に出向いてもらえる施設を選んだ。

 

 9月いっぱいとされていた田無庁舎とエコプラザは、新設の3会場の開設期間に合わせ、当面11月まで延長される。

 

 市によると、現在の集団接種3会場で接種能力が1日合計1100人なのに対し、新たな5会場では計1300人と約15%の能力アップを見込んでいるという。

 

 また市は、11月までに12歳以上の約9割の接種が終わる見通しとしている。

 

 これら集団接種会場の施設や運営に7億5600万円のほか、副反応による健康被害を速やかに救済するため調査委員会の開催に備えたり、接種の時間外加算と休日加算など新たな支出に対応したりする予算を加え、8億3000万円が一般会計に追加された。総額は734億9400万円。

 

 これまでの接種状況では、6月は1日1000~1500人だったが現在は医療機関の協力により2千人を超えている。高齢者の接種率(7月16日現在)は1回の人が76.9%、2回打ち終えた人が63.5%と明らかにした。副反応による健康被害は2件あり、予防接種健康被害救済制度の適用へ向けた申請書類の調整作業を行っているという。

仏教文化の連続公開講座再開 武蔵野大

f:id:amullar:20210718222613j:plain

ミャンマーを中心に仏教徒社会の近況を話す小島敬裕教授

f:id:amullar:20210718223330j:plain

小島教授=津田塾大学のホームページから

 新型コロナウイルスの影響で昨年度中止となった武蔵野大学仏教文化研究所主催の連続公開講座「世界の国々と仏教」の第1回が7月3日、同大武蔵野キャンパス(西東京市)であった。

 

 検温や長机に2人掛けなどの感染防止策をとり、約50人が受講。「ミャンマーに生きる人々の暮らしと仏教」と題する小島敬裕(たかひろ)津田塾大学教授の話に聴き入った。

 

 小島教授は20年前にミャンマーに留学したときなど2度の出家を経験。儀礼の写真を見せながら、「一定の条件を満たしていれば誰でもが好きな寺で出家でき、見ず知らずの人とも関係を築けるのが上座部仏教の魅力」と話した。

 

 上座部仏教はインド北部からスリランカを経て東南アジア大陸部に伝わり、個人が出家して悟りをひらくことが目的で、僧侶の戒律は厳しい。中国から日本にもたらされた大乗仏教とは異なる。

 

 上座部仏教徒社会では、生活を営む在家者たちが出家者に寺院の建築や修復の費用とか食事を寄進して功徳を積むと、この世でよい結果(救済)が得られるという出家者と在家者の相互依存関係が、タイをモデルとした先行研究で示されている。

 

 小島教授はミャンマーに隣接する中国雲南省徳宏州で、1寺院あたりの出家者数(見習僧を含む)がミャンマーやタイなどの同じ上座部仏教徒社会の中で極めて少ないことに着目して現地調査した。

 

 その結果、徳宏には男子は1度は出家すべきという考え方がなく、正式僧になってから還俗(げんぞく)するのは恥とするように出家慣行がタイなどと違っていた。

 

 出家者がいないため仏塔、仏像、仏典というブッダにまつわる「聖遺物」と在家者の直接的な関係が重視され、「ホールー」と呼ばれる在家のリーダーが布施や葬式などの仏教儀礼で重要な役割を果たしていることもわかった。

 

 ミャンマーでは、こうした「徳宏モデル」と出家者と在家者の二極関係でとらえる「先行研究のモデル」の両方が存在するが、国の政策として出家者の説法が重視される傾向という。

 

 またミャンマーでは制度上、公認9教派によるサンガ(出家者集団)機構が全国のサンガを管理しているが、小島教授は中国・徳宏とミャンマーに国境を分けた盆地のように「公的には存在しないローカルな教派のネットワークが水面下で仏教実践(行いとしての仏教)に大きな役割を果たしている」と述べた。

 

 感染対策のため質疑応答はなかった。

 

 連続公開講座の2回目は蔵本龍介東京大学准教授が「ミャンマー・出家者の世界」と題し、8月29日午後2時から同大で話す。聴講は無料。

柳家さん喬 絶品の二席 㐂三郎の真打ち昇進披露も

 柳家小太郎改め柳家㐂三郎(きさぶろう)の真打ち昇進披露を含む柳家さん喬独演会(昼夜2部)が6月26日、東京・三鷹市芸術文化センターであった。

 

 昼の部は良い席が取れず夜の部を見た。口上の後、二人が昼の部と入れ替わり、柳家り助が「寿限無」、9月に真打ち昇進が決まっている二ツ目柳家小んぶが「臆病源兵衛」を語った。

 

 前半のトリ、さん喬は、師匠の5代目柳家小さんに入門したころに同行した旅の思い出話をマクラに、旅の絵師が泊まった宿屋を舞台とする古典落語の名作「抜け雀(すずめ)」を演じた。

 

  仲入りの後は柳家小志んが「片棒」を、さん喬は、見栄っ張りの男が腐った豆腐を食べる羽目になる「ちりとてちん」を演じ、大トリは「粗忽(そこつ)の使者」で㐂三郎が務めた。3月に真打ちとなった㐂三郎の噺(はなし)には勢いを感じた。

 

 落語家5人が高座に上がる番組ではあったが、さん喬師匠の存在感は別格。聞き手を無防備にさせる淡々とした語り口、扇子を筆やはしに見せてしまう絶妙なしぐさは、なんともたまらない。

ドリトル先生の新物語 生物学者・福岡伸一さん語る

f:id:amullar:20210614212451j:plain

ドリトル先生への愛や尊敬を語る福岡さん(右)=朝日新聞の配信画面から

 朝日新聞の記者イベント「福岡伸一さんにきく~『新・ドリトル先生物語』誕生秘話」のオンライン配信が6月13日にあり、自宅でパソコンで視聴した。

 

 ドリトル先生物語は、動物の言葉がわかる獣医が助手の少年や動物たちと繰り広げる冒険物語シリーズ。児童文学の名作で井伏鱒二らの訳で知られる。昆虫好きの少年だった福岡さんは偶然この本と出合い、面白さに引き込まれた。生命とは何かを考える生物学者になった原点という。

 

 新・ドリトル先生物語は4月から朝日新聞で連載が始まった。福岡さんは井伏訳を現代的に訳しなおした「航海記」を著しているが、飽き足らずにオリジナルな物語の執筆へ。

 

 時代は原作と同じ19世紀前半。ドリトル先生とスタビンズくんという登場人物も借りてガラパゴス諸島へ向かう。「これから奇想天外な展開になります」と福岡さん。

 

 ガラパゴス島にはダーウィンと同じ航路で行きたいというのが福岡さんの夢だった。それが昨年春に実現した。原作と同じように自然が守られている島で、今度はドリトル先生が頭の中に降りてきてスタビンズくんと勝手に話しだした。それがノンフィクション紀行の『生命海流GALAPAGOS』と、そのスピンアウト作品である新聞連載小説になったという。

 

 福岡さんは視聴者からの質問にも答えた。新型コロナウイルスが問いかけてきたものに対しては、「生命は38億年の歴史があり、人間と共生関係を作ってきた。今見える未来よりも、もっと下がって見るという長い時間軸が必要」。

 

 次世代へのメッセージを問われると、「好きなことを大切にして、試行錯誤や落胆・失望があっても、ずっと好きであり続けること」と話した。

 

 このイベントは下記のURLで6月20日午後11時59分まで視聴できる。

https://ciy.digital.asahi.com/ciy/11004538/special01?revision=LIVE

元禄年間に開拓 三富新田を一望

f:id:amullar:20210531225833j:plain

中富小の屋上からは300年前の開拓の地割がはっきりとわかる

f:id:amullar:20210531230427j:plain

多福寺境内に唯一残る開拓当初の深井戸

 細長い短冊形の地割が眼下にはっきりと見て取れた。前日の雨のおかげか、野菜や茶の葉の緑も鮮やかだ。江戸時代の元禄期に開拓され、埼玉県の文化財(旧跡)に指定されている三富(さんとめ)開拓地割遺跡。地上5階の高さから展望する機会に恵まれた。

 

 北多摩自然環境連絡会の観察活動「ウオッチング」は5月28日、「三富新田開発の歴史を訪ねる」をテーマに、10人が参加して行われた。新型コロナウイルス対策で「密」を避け、バス停北原からバス停地蔵前まで約6キロの行程だ。

 

 三富新田は、もとは牛馬の餌にする草や肥料にする枯れ葉、燃料のまきなどを入り会いで採取する原野だったが、川越藩主となった柳沢吉保が開拓を命じて畑作地に。

 

 開拓地は、幅6間(約11メートル)の道路の両側に住宅を配置し、1戸の間口が40間(約72メートル)、奥行き375間(約675メートル)、面積5町歩(約5ヘクタール)と均等になるように短冊形に地割した。

 

 三富は埼玉県三芳町上富と所沢市中富・下富の総称で、開発が一応完成した時点で180戸が入ったという記録が残る。

 

 展望屋上があるのは、40戸が入植したとされる中富地区の中富小学校。校舎の端に、教室と遮断された「社会見学用建物」があり、1階と屋上を階段で上り下りする。途中、踊り場で窓の外を見て「ここでいいよ」と弱音を吐いていた人も、南北方向に短冊形の地割が広がる美しいる景観に疲れを忘れたよう。西側からは富士山が見えた。

 

 中富小はいつでも屋上を開放しているわけでなく、事前予約が必要だ。この日は時間の都合で予約を取っていなかった。だが、最初に訪れた中富民俗資料館の見学が終わろうとするころ、当番で資料館の管理に来た郷土民俗資料保存会の人が屋上からの展望を強く勧め、親切にも学校側の了解まで取り付けてくれたのだった。

 

 中富小からは多聞院へ向かう。校舎に近い畑でカリフラワーの収穫をしている人がいた。この畑の中の道を通してもらえれば予定よりも近道になる。しかし、たいていの農家は病害虫を持ち込まれるのを恐れて他人の立ち入りを嫌う。ダメもとでお願いしてみると、通り抜けを快諾してくれた。

 

 この農家は、昔は5ヘクタールあった面積は戦後の農地解放や後継者不足で今では1ヘクタール余りの人が多く、他人への貸し出しも増えていると近況を話してくれた。

 

 多聞院からは木ノ宮地蔵堂、多福寺とたどった。どこも三富の開拓と密接な関係がある。開拓の拠点が地蔵堂を中心とする「地蔵林」に置かれ、農民の精神的なよりどころとして中富に毘沙門社(現在の多聞院毘沙門堂)、上富に菩提(ぼだい)寺の多福寺が創建されたという。

 

 多聞院の境内は弁当を広げられる場所がなく、隣接する神明社で短い昼食休憩をとった。この神社には、干ばつや凶作から農民を救ったサツマイモのオブジェが「なでいも」としてまつられているが、コロナ対策で「手を触れないで」の張り紙があった。

 

 毘沙門堂の前にはこま犬ではなく、細身のトラの石像が対で置かれている。堂を囲む廊下の欄干は「身代わり寅(とら)」と呼ばれる小さな黄色いトラの置物で埋め尽くされていた。トラは毘沙門天の使いだそうだ。

 

 多福寺境内には開拓当初に掘られた「元禄の井戸」が唯一残っている。三富はもともと水の乏しい土地なので、約22メートルの深井戸を11カ所掘らせ、共同利用させた。それでも足りず、カヤを刈って日陰干しにしたもので手足をふき入浴に代えたと伝えられているという。元禄の井戸はコンクリートでふさがれ、さらに外側に柵が巡らされ、近づくことはできなかった。