祭りにピタリ 清瀬のヒマワリ見ごろ

f:id:amullar:20190817211158j:plain

猛暑の中、次々とヒマワリ畑を訪れる人たち

 

 東京都内で最大級とされる清瀬市のヒマワリ畑で8月17日、「清瀬ひまわりフェスティバル」(市と市農ある風景を守る会主催)が始まった。ちょうど見ごろを迎え、午前中だけで約8千人が訪れた。

 

 フェスティバル会場は同市下清戸3丁目の農家2戸の農地約2万4千平方メートル。黄一色の大輪を咲かせる品種「ハイブリッドサンフラワー」を中心に約10万本が広がる。今年で12回目。

 

 主催者の話では、この3日間で急速に成長が進み、フェスティバル初日に「どんぴしゃり、見ごろになりました」。

 

 気温35度を超える猛暑日の予報にもかかわらず、清瀬駅から会場近くの臨時停留所まで無料で運行するシャトルバスには、若いカップルや家族連れなどで終日長い列ができた。

 

 会場では背丈を越えるヒマワリの大輪をバックに写真を撮る人が多く、1本200円の切り花や、1鉢300円でミニヒマワリを販売するコーナーも人気を集めていた。

 

 フェスティバルは24日(入場時刻は毎日午前9時~午後3時50分)まで。

 

広場やスポーツ施設 整備事業に寄付募る? 市が「金額」アンケート

f:id:amullar:20190812200423j:plain

児童センターのフットサルコート。「整備にいくら出せますか」のイメージの1つになった

 市民が憩う広場を整備する場合、あなたはいくらなら支払ってもよいと思いますか――。普通なら全額公費(税金)で行われるはずの事業に、個人や世帯が寄付できる金額を選ばせる調査を、西東京市が始めた。調査の意図がわからない、との声が出ている。

 

 調査は8月、庁舎統合に先がけて解体する保谷庁舎の敷地活用をめぐる説明会・意見交換会の後のアンケートの中で行われている。

 

 「市民の憩いの場として広場を整備する場合」は0円、100円台、千円台、1万円台から最高2万円まで、「市民の健康増進の場としてスポーツ施設を整備する場合」は0円、500円、千円台、1万円から最高5万円まで、いずれも計14の金額が並び、近い金額を1つ選ぶ。

 

 回答のための材料として、アンケート用紙にイメージ写真を掲載。「広場」は市内の小学校の芝生の校庭など2カ所、「スポーツ施設」は市の児童センターのフットサルコートなど4カ所で、1カ所ずつ概算の整備事業費が口頭で伝えられた。

 

 アンケートでは広場、スポーツ施設とも1回当たり支払ってもよい利用料と利用頻度についてもたずねている。

 

 市は保谷庁舎の敷地は民間事業者に有償貸付し、暫定の9年間活用してもらうことを期待している。しかし、この官民連携事業に民間事業者から応募がないか、望ましい提案がないと、市が何らかの施設を整備することも想定されるという。

 

 このため、市が直接整備する場合の「価値、効果、市民意向を調査したい」としながら、「あくまで仮定の計画」「各世帯または利用者からお金を集めて事業を実施する仕組みを考えているわけではない」とも強調しており、真意がわかりにくい。

 

 集計結果は果たして敷地活用基本方針に盛り込まれるのか。盛り込まれるならば、どう読み解かれ、どんな方向性を下支えするのか。

 

 市は使用料・手数料の基本方針の見直しを進めている。集計結果が受益者負担の見直しなど根源的な施策展開に利用されるのではないかと見る向きもあり、公表の行方が注目される。

保谷庁舎敷地 9年間どう活用 市民意見聞く

f:id:amullar:20190811164150j:plain

老朽化で来年度解体される西東京市保谷庁舎

 西東京市の庁舎統合の前段として取り壊される保谷庁舎の敷地活用基本方針案がまとまり、市は説明会と意見交換会を8月7日と10日(2回)に計3回、市防災センターで開いた。

 

 田無・保谷の両庁舎統合を進める市は、老朽化した保谷庁舎を2020年度に取り壊し、職員と仕事を隣接の防災センターと東分庁舎、さらには田無庁舎とこれに隣接して建設中の仮庁舎(来年1月完成予定)に移すことにしている。

 

 解体後の敷地約4千平方メートルの活用について、市は昨年、庁舎統合の説明会などで市民アンケートを取り、官民連携事業を前提に公募した民間事業者から意見やアイデアを聞くサウンディング調査を行った。

 

 市はこれらの調査結果と、都市計画マスタープランによる地域の将来像を踏まえて7月に基本方針案を作成した。「にぎわいの創出」を最大の目的に、機能として「市民交流」「健康増進」「(既存の)市民広場の有効活用」「防災・災害対策」「飲食」を挙げている。

 

 事業の実施に当たっては、市が解体した後、民間事業者に敷地を有償貸付することを原則とする。事業期間は2021~29年度までの9年間。これは庁舎統合方針で統合庁舎の位置を「市中心エリア」としているものの、不可能な事態に備えて、田無または保谷庁舎敷地も候補地としているためだ。

 

 統合庁舎の位置の決定は2023年度を目指すが、7日の説明会で市は「位置決定が保谷庁舎敷地であってもなくても29年度までは事業を継続する」と答えた。

 

 7日は21人と「想定より多い」(企画政策課)参加があった。市の説明の後、3つのグループに分かれて約1時間、敷地活用について意見交換。コンテナを利用した飲食や物販、イベントなどの施設の整備が提案されたり、「市民が主人公」を基本とする進め方が求められたりした。

 

 市は今年度中に決める保谷庁舎敷地活用基本方針と事業者を公募する際の要綱に今回の市民意見を反映させたいとした。

武蔵村山 ひまわりガーデン見ごろ


f:id:amullar:20190808161719j:plain

猛暑の中で満開のヒマワリ畑を楽しむ人たち=8月7日午前

 武蔵村山市が新しい観光スポットとして力を入れる「ひまわりガーデン武蔵村山」のヒマワリがようやく咲きそろった。市は8月6日付のホームページで「見ごろ宣言」をした。

 

 ヒマワリ畑の広さは約3.7ヘクタールで、メットライフドーム西武ドーム)の約2倍。都内最大級の規模といい、真夏の大地を約10種のヒマワリ50万輪が埋め尽くす。

 

 今年は7月20日に開園したが、日照不足で成長が遅れ、閉園日を8月6日から11日に延長した。

 

 7日は、最高気温が35度を超える猛暑日の4回目。それでも若いカップルや家族連れなどがぽつぽつと訪れた。日傘や冷たい飲み物で熱中症から身を守ったり、ゴーヤのトンネルで休憩したりしながら、見栄えのする大輪の前で写真を撮っていた。

 

 園内を巡回していた市の担当者は「ここ数日が見ごろのピークでしょう。雨が降ると花がしおれてしまうので好天が続いてほしい」。

 

 

<農業講座日記> ニンジン2品種を種まき(8月6日)

f:id:amullar:20190806204638j:plain

手押し式の種まき機を慎重に進める

 講座7回目の8月6日はニンジンの種まき。朝8時には気温がすでに30度を超える暑さだったが、受講者の出足は早い。先生の保谷隆司さんが集合時刻の8時30分を待って発した言葉は「今日は30分で終わりたい」。通路には大型の扇風機もお目見えした。

 

 保谷さんが今日まくニンジンの品種を説明する。一つはいわゆる「五寸ニンジン」の「オランジェ」、もう一つは「京くれない」。京くれないは五寸ニンジンよりも少し長くなり、赤色が鮮やか。ただ栽培が難しく、保谷さん自身は4、5年前から作付けしているという。

 

 種は白っぽい小さな球状になっていた。種の表面を石灰質のものでコーティングしてあるという。コーティングの分、値段は高くなり、発芽率も低下するため、「農家にとってメリットはないんです」と保谷さん。種の売り方は、昔は「容積売り」だったが、今は粒数単位で売られているそうだ。

 

 畑は保谷さんの手でほとんど出来上がっていた。うねには肥料が入り、土壌消毒も済ませてあるという。

 

 しかし、そこに種をまけばよい、それも種まき機を使って―と簡単にはいかない。

 

 うねに根切り虫防除の薬剤を手まきし、土が乾燥しないよう足で踏む。そのあと、くわの変形のような「じょれん」という農具で土の表面をならし、手押しの種まき機の出動となる。

 

 農業初心者が交代で種まき機を使わせてもらう。ベルトの穴に入った種が落ち、前のローラーが土をかぶせ、後ろのローラーが押さえつけるという仕組みだ。

 

 見ていると簡単そうだが、真っすぐ進むための目線の置き方や、種が深く入らないようにアームにかける力加減に気を付けなければならない。

 

 一つのうねに種を2列にまき、作業は終了。気が付けば、保谷さんがうねの下に敷いた「かん水チューブ」から水が霧状に噴き出して、種をまいたうねを潤していた。

 

 発芽まで1週間。種が深いことなどによる発芽不良があれば、保谷さんが補植してくれるという。手厚いバックアップに、今日も脱帽。

「現世利益むき出し?」 金光明経を学ぶ

f:id:amullar:20190806003541j:plain


 武蔵野大学仏教文化研究所主催の連続公開講座「大乗経典の魅力を語る」の3回目が8月3日、同大武蔵野キャンパス(西東京市)であり、日野慧運・同大人間科学科講師が「現世利益とさとり―『金光明経(こんこうみょうきょう)』の世界―」と題して話した。

 

 金光明経は4世紀ごろインドで成立した大乗仏教経典。現代ではややマイナーになった経典だが、日本の古代には隆盛を誇った。古代から中世にかけてはチベット、モンゴル、中国などアジアのほとんどの国々に渡り、受け入れられた。

 

 今に伝わる本では、最も短い漢訳のものが最も古く、サンスクリット原典に近いと考えられる。金光明経の原典に新しい要素や考え方が書き足されることで、伝本の数も中身も増えていく。

 

 書き足しによる内容の変化では「儀礼や呪文の増加」が大きな特徴。ヒンドゥー教の神々や呪文、賛歌を取り込みながら密教経典の性質を帯びていく。一方で、仏の三身説など中期の大乗仏教独特の教理も盛り込まれていった。

 

 日野氏は金光明経の内容からの魅力について、「懺悔(ざんげ)の思想」「大乗仏教の綱要書」「護国思想」の三つを挙げた。

 

 懺悔品(ほん)は、前世に悪行を重ねても、全てを告白(ざんげ)すれば罪は洗い流されて仏陀(ぶっだ)になれるという思想を説く。経の名前はこの章に由来し、インドや中国でも古くから経の中核と考えられたはずだという。

 

 2番目の魅力は、釈迦如来の無限の寿命(法華経)や空の思想(般若経典)など大事な教理が有名な大乗経典から「いいとこ取り」しており、長い経典を読まなくても、おさらいとしてまとめられたこのテキストで十分という便利な使い方をされたとみられることだ。

 

 さらに、金光明経がアジア全域に広まったのは、現世利益、とくに「護国」の教説によるという。四天王が登場する章(四天王品)では、金光明経を信仰すれば国の防衛がかなうと表立って国レベルの現世利益を説いた。戦争の時代に、中国、日本とも王権主導で入ったという。

 

 仏陀は「護国」に興味がないはずで、まして戦争のような荒事を引き受けるはずもない。それをもともとヒンドゥーの神々である四天王が引き受ける。日野氏はそんな不思議を指摘し、弁才天や吉祥天などの神々の登場と合わせて、金光明経には「むき出しで現世利益をかなえる要素が入ってきた」と述べた。

<農業講座日記>枝豆の苗 植え付け(7月24日)

イメージ 1
 谷戸公民館の「農業を知る講座」の5回目は、初の実践編。講師の農家、保谷隆司さんの畑(住吉町2丁目)で、枝豆(大豆)の苗を植え付けた=写真。

 畑の作業は、暑くならないうちにと、午前8時半に現地集合となっている。本来は前日の予定だったが、朝、雨が降っていたため1日延期。「大暑」の翌日は曇天で蒸し暑かった。

 保谷さんの話によると、種は「あぜ豆」という種類で、東京都農林総合研究センター(旧農業試験場)江戸川分場で自家採取され、市販されていないという。保谷さんがみそ製造用に今月11日にまいた種が苗に育っており、その一部を分けてもらうことになる。

 肥料は、窒素・リン酸質・カリ質の成分を調整した配合肥料、カキ殻が主原料の有機石灰、もみ殻を主原料におからを発酵させたものを混ぜた土壌改良剤などが、各班に必要な分量用意されていた。

 農作業の手順や農機具の具体的な使い方を実際に見せてくれる。まずは、うねの作り方。「しゃくり棒」とひもを使い、うねが直線になるよう印を付け、うねの間隔は棒と拳で測る。 拳の幅は約10センチ。「覚えておくと、何かと便利です」と保谷さん。

 次は、くわで溝を切る。くわの外側を、ひも跡の線に合わせる。溝と反対の足はくわと直角に置く。肥料にも順番とまく量のあんばいがある。うねをならすときは、くわを浮かせて―。

 農業1年生にはとても覚えきれない。くわを持つ手にはどうしても力が入り、先輩から「振り子のように」とアドバイスが飛んできた。苗を植える穴は深さが足りず、「根を丸めないように」。

 各班、1列に2021本ずつ2列に苗植えを終えた。この枝豆は10月初旬に収穫第一号になる。一つの班は1011人で作られているから、収穫時に全員出席すれば1人当たり4株を手にする計算だ。秋の枝豆は今時期のものより収穫量は落ちるが、おいしさは勝るという。今から楽しみだ。
(下の写真は、くわの使い方を教わる初心者、苗畑から苗を移す作業)
イメージ 2イメージ 3