ニュース

<西東京市議会>今冬インフル予防接種 65歳以上は無料

市は、65歳以上の高齢者を対象として今冬のインフルエンザ予防接種を無料にする。9月18日の市議会で、無料化のために9700万円を追加する一般会計補正予算案が全会一致で可決された。 新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行が懸念され、重症化…

<西東京市議会>市長60%減給5カ月 介護保険料4万人に通知ミス

丸山浩一市長は9月1 8日、市議会に市長、副市長、教育長の給料月額を5カ月間減らす条例案を提出、この日のうちに賛成多数で原案通り可決された。 丸山市長は60%減で39万6000円、池澤隆史副市長は50%減で43万8500円、木村俊二教育長は30%減で54万4600円…

<西東京市議会> 一般会計補正予算案 総額1千億円超す

第3回定例会は8月28日開会し、会期を9月28日までの32日間と決めた。 8月の介護保険料の通知ミスなど市の不適切な事務処理についての市長報告、教育長報告を受けた質疑、緊急質問に長時間を費やし、上程された議案の提出理由の説明は午後6時すぎとなった…

<西東京市議会> 事務処理ミス続出 介護保険、4万2千人に誤通知 市長陳謝「人心掌握していない」

7月から8月にかけて市民生活に直結する市の事務処理ミスが相次ぎ、第3回定例会初日の8月28日、本会議の冒頭に行われた市長報告と教育長報告をめぐって長時間に及ぶ質疑応答があった。 丸山浩一市長は、8月分の介護保険料を年金から天引きする特別徴収の…

安全性と利便性 中央図書館・田無公民館改修 基本設計を説明

来年度に改修される田無公民館(手前)と中央図書館 西東京市の中央図書館と田無公民館の耐震補強を中心とする改修工事の基本設計がまとまり、7月31日と8月1日の両日、田無公民館で市民説明会があった。 両館は1975年に併設され、鉄筋コンクリート造…

「農業講座」記録集を配布 今年度は8月募集 規模・期間縮小

8カ月間の農業実習などを収めた記録集 谷戸公民館主催の「農業を知る講座」の2019年度版記録集がこのほど出来上がり、受講者らに配布された。 記録集はA5判54ページで40部を印刷。実習畑で初めての作業となった昨年7月初めのジャガイモ収穫から今年2…

<西東京市議会>田無警察署、農協支店の敷地へ移転の方向

移転新築が検討されている田無警察署(警視庁のホームページから) 老朽化した田無警察署(田無町5丁目)を、JA東京みらい田無支店の敷地に移転新築する方向で関係機関が調整に入っていることがわかった。6月9日の本会議で、浜中義豊(のりかた)氏(自民…

<西東京市議会>保谷庁舎・市民会館の解体休止 予算を減額へ

取り壊しが遅れ、敷地活用に影響が出そうな保谷庁舎=6月4日 立ち入れないように工事用の柵を巡らせた旧市民会館=6月4日 今年度に予定されていた市役所保谷庁舎と旧市民会館の取り壊しが、新型コロナウイルス拡大の影響で休止されることになり、解体工事費…

<西東京市議会>第2回定例会開く コロナ対策で3事業 補正予算案可決

第2回定例会は6月3日招集され、会期を23日までの21日間と決めた。初日は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い実施を急ぐ事業費を盛り込んだ今年度の市一般会計補正予算案を、予算特別委員会、本会議とも全会一致で可決した。 これにより一般会計補正予算…

八重の遅咲き桜 見ごろ 西東京いこいの森公園

八重咲きの桜ハナガサが咲き誇る西東京いこいの森公園 西東京いこいの森公園で八重の遅咲き桜が見ごろになり、散歩などで訪れた市民の目を楽しませている。 遅咲きの桜が見られるのは公園東側のスケート広場(新型コロナウイルス対策のため休止中)の周辺。…

春の妖精 カタクリ満開 武蔵村山市

山の斜面を薄紫色に染めたカタクリの花 六道山公園の展望台から遠望を楽しむ 市民団体・北多摩自然環境連絡会の今年1回目の観察活動が3月25日、カタクリ群生地のある武蔵村山市と瑞穂町にまたがる東京都立野山北・六道山公園であった。 カタクリ群生地は市…

小金井公園もソメイヨシノ満開 花見客繰り出す

江戸東京たてもの園前の桜は満開。休日並みに人出が多い 横に大きく枝を張り、「伝説の美女」にふさわしい美しさを見せるソトオリヒメ 西口から入ると、「桜の園」では菜の花も人気だ 東京都内の桜の名所、都立小金井公園(小金井市)で3月23日、ソメイヨシ…

府中・あんず通り 見ごろはまだ先

やっと見つけた咲き始めのアンズ=3月5日午前、府中市内 西東京市ウオーキング協会の3月のミニウオーキングが5日、府中市内であった。 西武多摩川線多磨駅を起点に「あんず通り」の先を南へ向かい、押立公園、南白糸台小学校を経て府中崖線を上り、本願寺…

見ごろの「玉縄桜」 ~大船観音へ ウオーキング協会例会

台風による倒木から再生した玉縄桜の原木 西東京市ウオーキング協会の2月例会が23日、神奈川県藤沢市から鎌倉市への約9キロのコースであった。11人が参加し、日比谷花壇大船フラワーセンターや大船観音などの見どころを楽しんだ。 JR藤沢駅北口を午前10時…

府中 郷土の森公園 梅が見ごろ

「見ごろ初日」に恵まれた梅園を楽しむ 「令和」にゆかりのある太宰府天満宮から贈られた梅 遅咲きもある?ロウバイ 西東京市ウオーキング協会の2月のミニウオーキングは15日、府中市内で行われ、午前中はサントリービールの武蔵野工場見学と試飲、午後は市…

来年の世界遺産登録へ後押し 縄文フォーラム盛況

北日本の縄文遺跡群を世界遺産にと開かれたフォーラム 北海道と青森県など北東北3県の縄文遺跡群を世界文化遺産に登録する動きを加速しようと、関係道県・市町でつくる世界遺産登録推進本部主催のフォーラムが1月25日、東京・有楽町で開かれた。 遺跡群は…

東京タワーや高層ビル群の下 港七福神めぐり

背後のタワーマンションに圧倒されそうな氷川神社 ハクビシンらしい動物とカラスの攻防劇があった港区南麻布 西東京市ウオーキング協会の1月ミニウオーキングは4日、東京都港区で「港七福神」を巡った。27人が参加し、正月休みの静かな都心の街並みを眺め…

新宿区の紅葉スポットを巡る ウオーキング協会例会

穴八幡宮の階段両脇のモミジが色づき始め、朱塗りの随神門と色彩の妙を見せる 早稲田大学の大隈庭園。紅葉の見ごろは近そう 日本庭園の甘泉園公園。前撮りのカップルがいた 西東京市ウオーキング協会の11月例会が30日、東京都新宿区であり、24人が都心の隠れ…

<西東京市議会> ホームページ新装へ協議会発足

市議たちが市の公式ホームページ(HP)にある「市議会」のサイトを見直すことにし、11月29日、「市議会ホームページ検討協議会」を発足させた。 市のHPは2016年3月、10年ぶりに全面リニューアルされ、市内の俯瞰図(ふかんず)に動くイラストを配置したトッ…

<西東京市議会>会期15日間 議案27件を委員会付託

第4回定例会は11月29日開会し、会期を12月13日までの15日間と決めた。議案は条例の一部改正など27件で、いずれも所管の常任委員会に付託された。予算関連の議案はない。 丸山浩一が提案理由を説明したが、「危機管理室」の表記を「総務部危機管理課」に改め…

鬼太郎ゆかりの地を巡る 調布で「ゲゲゲ忌」ウオーク

鬼太郎像と一緒に写真を撮ったり、妖怪キャラクターを探したりした「鬼太郎ひろば」 「ゲゲゲの鬼太郎」などの作品で知られる漫画家の水木しげるさんが50年以上住み、命日を「ゲゲゲ忌」としている調布市で11月24日、ゲゲゲ忌行事の一つ「カランコロンウオー…

自然再生を体感 日の出町・谷戸沢処分場で観察会

ごみの埋め立て地で自然環境の再生を観察する参加者 西東京市など東京都の25市1町でつくる廃棄物処分の東京たま広域資源循環組合は11月16日、埋め立てを終了して21年になる谷戸沢廃棄物広域処分場(日の出町)で秋の自然観察会を開いた。 処分場を里山のよ…

ひっそりと咲くコブクザクラ 世田谷区 砧公園

晩秋の日差しに映える砧公園のコブクザクラの花 すがすがしい青空が広がった11月10日の日曜日。砧(きぬた)公園(東京都世田谷区)は、弁当を囲む家族やバドミントンなどのスポーツを楽しむ親子らでにぎわっていた。そんな芝生広場を見守るように、小さな白…

東京港臨海部 上から下から拝見

地上100メートルから東京港を望む。眼下に青海コンテナふ頭 巨大地震に見舞われた夜の街。安全に歩く知恵を学ぶ 市民でつくる北多摩自然環境連絡会の今年最後の見学活動が11月6日にあり、東京港を地上100メートルのビルから眺めたり、水上バスで臨海…

府中・白糸台掩体壕 戦争遺産に見学者続々 1日だけ公開

戦闘機を隠した掩体壕の外観 戦闘機がぎりぎり収まった天井。触ることもできる 東京・府中市にある戦争遺跡、旧陸軍調布飛行場白糸台掩体壕(えんたいごう)の内部が11月3日、特別公開され、市内外から大勢の見学者が訪れた。 掩体壕は太平洋戦争の末期、戦…

仏が無数に増殖する壮大な奇跡 華厳経

武蔵野大学仏教文化研究所主催の連続公開講座「大乗経典の魅力を語る」の5回目が11月2日、同大武蔵野キャンパス(西東京市)で開かれ、国際仏教学大学院大学国際仏教学研究所副所長の堀信一郎氏=写真=が「『華厳経』はどのような作品か」と題して話した…

水辺を満喫 江戸川区・公園や緑道めぐる

なぎさ公園「展望の丘」から旧江戸川と千葉県浦安市を望む 池と豊かな自然に心和む平成庭園 西東京市ウオーキング協会の10月例会は日曜の27日、東京都江戸川区の葛西地区であり、15人が参加して水辺の風景を楽しんだ。 葛西地区は東に旧江戸川、西に荒川・中…

1日だけ開帳の仏像や整備完了の金堂跡 国分寺市で文化財めぐり

復元整備された武蔵国分寺の金堂基壇に上がる人たち 国分寺市教育委員会など主催の市内文化財めぐりが10月10日にあった。国分寺薬師堂に安置される国の重要文化財、木造薬師如来坐像の年1日限りの開帳に合わせたイベント。約6キロのロングコースには市内外…

雨降っても花なくても庭園の趣に満足 小石川後楽園

小石川後楽園の円月橋。江戸初の上水道、神田上水跡に架かる 東京・文京区観光協会主催のまち歩きイベント「今も残る大名屋敷の庭園・小石川後楽園とその周辺を巡る」が10月6日にあった。 都と東京観光財団が都内の観光協協会などのまち歩きツアーを集め、…

広い空間 実物ずらり 小田原 生命の星・地球博物館

大きな「アンモナイトの壁」。化石に触れる 西東京市郷土文化会の10月例会が1日、神奈川県小田原市の県立生命の星・地球博物館と小田原城であり、26人が参加した。 最初の目的地、地球博物館は西東京の市街地から貸し切りバスで2時間ほど。広いエントラン…