日記

<農業講座日記> 菜種と落花生から油搾る(2月25日)

電動油圧式の機械を使い、菜種油を絞り出す 生搾り(非加熱)の菜種油をパンに塗り、独特の風味を楽しむ 講座33回目の2月25日は、市民活動団体「西東京菜の花エコ・プロジェクト」による菜種と落花生の油を搾る実演などが谷戸公民館であった。 菜の花エコ・…

<農業講座日記> 都市農業の役割学ぶ 「バードコール」使い方も(2月18日)

「バードコール」の使い方を教える小野さん 講座32回目の2月18日は谷戸公民館で座学。環境カウンセラーの小野紀之さんから都市農業の役割を聞き、野鳥の鳴き声に似た音で野鳥を呼び寄せる「バードコール」の作り方と使い方を教わった。 小野さんは都市農業…

<農業講座日記>カブ、春菊 最後の収穫(2月4日)

最後の収穫となったカブなどの野菜を分配する受講者 講座31回目の2月4日は畑への集合が予定より1時間早まり、午前9時となった。立春のこの日は最高気温が3月上旬の13度と予想され、朝の冷え込みも厳しくなかった。 先生から指示された作業は、残ってい…

<農業講座日記> 生薬調合し屠蘇散に(12月24日)

体の不調に合わせて生薬を選び調合する受講者たち 27回目の講座は12月24日、西東京市谷戸公民館であり、薬剤師で鍼灸(しんきゅう)師の青木満さんが屠蘇(とそ)の材料を解説した後、受講者が自分の体調に合わせた屠蘇散を作った。 元旦に飲むお屠蘇は、1…

<農業講座日記> つきたて餅食べて交流(12月22日)

気合を入れ、1回3升のもち米を19回つき上げた めん棒でのし餅を作る。なかなかの力仕事だ。 講座26回目の12月22日は、講師の保谷隆司さん宅=西東京市住吉町=で餅つき交流会があり、42人が参加した。 農家特有の広い庭に、もち米を蒸すためのまき式ボイラ…

<農業講座日記> 腐葉土作りへ落ち葉集め(12月17日)

クヌギなどの落ち葉をかき集める受講者 集めた落ち葉の袋を山積みした小型トラック 先生宅の庭先で、運んだ落ち葉を圧縮する 講座25回目の12月17日は小雨の中、約30人が参加し、住友重機械工業田無製造所の「発想の森」(谷戸町2丁目)で、腐葉土にするため…

<農業講座日記> 「運動後は豆乳を」 薬剤師お薦め(12月10日)

健康づくりについて話す青木満さん 今期初めて収穫にこぎつけたホウレンソウ 24回目の講座は12月10日、谷戸公民館であり、薬剤師で鍼灸(しんきゅう)師の青木満さん(33)=東京都大田区=が若返りの方法などについて話した。 青木さんは今期の講座で初登場…

平成24年度郷土文化会総会

西東京市郷土文化会の本年度総会は4月3日、保谷駅前公民館で開かれ、2012年度の予算、活動計画などを原案通り決めた。 会員37人中27人が出席。岸本堅治会長は、この日の大嵐の天気予報と昨年の総会の波乱を念頭に「1年前は嵐の中を進むような多難…